交通ビル 都心で環境・交通に恵まれた180名収容する貸会議室。講演、研修会、発表会に最適です。

国鉄労働会館(交通ビル)の概要・設備

歩み

※1954年5月 国鉄労働会館を千代田区丸の内1-11-4に建設
※1997年3月 新橋に交通ビルを建設・移転
※2013年7月 一般財団法人国鉄労働会館へ移行

概要

法人名称 一般財団法人国鉄労働会館
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋五丁目15番5号
建物名 交通ビル
敷地面積 504.06u(152.47坪)
建築面積 377.99u(114.34坪)
延床面積 2,874.47u(869.53坪)
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造 (SRC造)
規模 地下1階、地上7階、塔屋1階建
設計管理 株式会社 建築設計 六葉舎
施工 株式会社 間組

設備概要

電気設備 天井埋込型蛍光灯照明
エレベーター 2基(速度90m/分・定員9名・荷重600kg)
給排水衛生設備 電気給湯器・男女別トイレ(温水洗浄便座)
防災設備 自動火災報知器設備、連結送水設備、消火器、非常用照明
防犯設備 セコム機械警備システム
空調設備 ヒートポンプ式天井埋込型空調機(個別空調)
通信設備 光ケーブル
その他 集合郵便受、ゴミ置場、OAフロア
2〜7階天井高2450mm

一般財団法人国鉄労働会館の目的と事業内容

・目的
この法人は、労働会館の維持、経営を通じて、労働者の相互親睦と福利、厚生など
福祉の向上を図り、もって労働者の社会的・経済的地位の向上に資することを目的とする。

・事業
(1) 労働者教育の実施
(2) 労働者のための生活相談及び法律相談
(3) 労働者の福利・厚生並びに文化事業
(4) 労働者に関わる各種の調査・研究及び資料の編纂・刊行頒布
(5) 不動産の賃貸及び管理